家族葬について

家族葬とは?

お客様から「家族葬と葬儀は何が違うの?」というご質問を受けることが多くありますが、家族や親族、友人など本当に仲の良かった方中心に行われる葬儀のことを「家族葬」といいます。
生前にお世話になった方々への告知に重点がおかれた従来の葬儀と異なり、故人との最後のお別れの時間を親しかった人たちのみで共有できるご葬儀の新しいスタイルになります。
当社でも事前に葬儀の相談をされるお客様の半数以上の方が家族葬を希望され、実際に葬儀を依頼されるお客様の約8割の方が家族葬を希望されています。 年々、家族葬を希望する方は増えていますが、当社ではまずお客様に「自分たちの場合は本当に家族葬でいいのか?」ということをお考え頂くことをお願いしています。

家族葬の良い点と注意点

家族葬を行う場合、良い点がいくつかありますが、同じく、注意する点もいくつか上げられます。

良い点

・親しい方だけで心静かに葬送の時を過ごせる
・形式にとらわれない自由な葬儀を行いやすい
・飲食などの接待関係の費用を抑えることができる

注意点

・家族葬にお呼びしなかった方で、故人とお別れを希望していた方の思いを汲み取れない
・後日、亡くなった知らせが各方面に伝わり、長期的に自宅に弔問客が訪れる可能性がある
・身内だけで行いたいという意思が伝えきれず、予想以上の会葬者が訪れてしまう
など

お客様により、故人様とご家族の方のそれぞれのお付き合いの範囲や、関係性は異なるものです。「家族葬で行いたい」「家族葬で行いたいと思っているけど、一般的な葬儀の方がよいのだろうか」と迷われる方は大勢いらしゃいます。少しでもお悩みの場合は当社にご相談ください。

家族葬の費用

一般のお葬式と比べ参列者を絞りますので、料理や返礼品といった接待費については軽減できますし、祭壇等の装飾についても対外的な体裁を考慮する必要がありませんので質素なものにする事で費用を抑えることができます。 しかし、家族葬のように参列者を制限するお葬式の場合、もともとお葬式において相互扶助の役割をしている「お香典」の金額も人数に合わせて減小しますので、実際の負担額が多くなる場合もあります。

【ポイント!】
参列者を限定するので費用を抑えられる反面「お香典」の金額も減小

大野屋の家族葬プラン

当社では家族葬を希望されるお客様の多くが「花で送る家族葬」プランを選ばれます。
ご利用されたお客様からは、

思っていたよりもお花が多く種類も豊富で満足でした

きれいなお花で送って欲しいという母の希望に合ったプランで母も喜んでいると思います

親戚からお花がたくさんあり美しいとほめられました

などのコメントをいただいております。
葬儀社により家族葬のプランは異なりますので、まずは当社の花で送る家族葬プランをご覧ください。

後悔しないために

家族葬を選択する際は「ご自身だけでなく残される子供・親族の立場」も含めて考えることが大事です。
ご自身のお葬式について事前にお考えの方は「家族に負担をかけたくないから」と家族葬を希望される方が多くいらっしゃいます。しかし、実際に家族葬を行った方の中には、本人(故人)の希望通りにお葬式はできたが、自分たち(家族)の希望通りではなかったと後々後悔されている方もいらっしゃいます。本当に家族葬が自分たちに合っているのかをまずは考えてみましょう。
また、お葬式は故人や家族だけでなく故人と関わりのある人にとっても大事な儀式です。故人の交友関係によっては一般葬にて行った方が良い場合もありますし、家族葬の後、後日落ち着いてから「お別れ会」といった形で改めて式を行うという方法もあります。
お葬式は人生の最後を締めくくるたった一度のやり直しのきかない大切な儀式です。家族葬で行う際は家族や親族、友人の方々にとって後悔のないよう良い点、注意する点を十分に理解した上で進めることが大事です。

【ポイント!】
良いところ・注意するところを理解して後悔しない家族葬を

■家族葬についてのQ&Aはこちら >>

各種カタログ・詳細資料を無料でお送りします。

地域から斎場を探す

メニュー

メニュー

各サイト メニュー