地域から探す

円福寺 双樹堂

【円福寺の歴史】

円福寺は、正式には「大醫山 円福寺」と称される曹洞宗の寺院です。本尊は釈迦牟尼佛像で、陽岳春和大和尚寛永11年(1634年寂)が開山となり創建した寺と伝えられています。
円福寺薬師堂の十二神将は、薬師如来の守り神として十二体がすべて武将の姿をしており、また、この十二神将のそれぞれの頭には十二支の動物がついています。この十二神将は清瀬市文化財に指定されています。

【円福寺 双樹堂の特徴】

双樹堂は、円福寺が運営する寺院斎場です。
双樹堂には3つの式場があり、1階のA斎場ホールは50席ほど、2階B斎場ホールは60席ほど、和室斎場(祭壇スペース付)は20席ほどの大きさです。これらの組み合わせで、大規模な葬儀にも対応することができます。
交通アクセスは、西武池袋線「秋津駅」で下車し、徒歩約8分です。駐車も30台程度駐車できます。

斎場写真

資料請求

ご利用可能なプラン

  • 家族葬
  • 一般葬
  • 大型葬・社葬

円福寺 双樹堂 概要

駐車場 仮眠施設 家族葬可
住所

東京都清瀬市野塩3-51

アクセス

西武池袋線「秋津駅」下車 徒歩約8分

規模

A式場 50席
B式場 60席
C式場 20席

駐車場 50台

もしも会員の方には式場使用料の10%を当社が負担いたします。


もしも会員についてはこちら

会葬マナー本のPDFはこちら


資料請求

この斎場を使用したお客様の声

  • 緊急の方はこちらへ
  • お葬式の資料請求
  • 大野屋のもしも会員制度
  • 生前予約・アンシア