地域から探す

かわさき北部斎苑

【かわさき北部斎苑の歴史】

かわさき北部斎苑は、昭和7年(1932年)に開設された川崎市が運営する公営斎場です。80年以上の歴史があり、かつては市内で唯一の公営斎場・火葬場として、多くの市民に親しまれてきました。現在の施設は築30年近くとなり、老朽化が進んでいるため、平成24年(2012年)から平成29年(2017年)度頃にむけ、改修工事が進んでいます。

【かわさき北部斎苑の特長】

かわさき北部斎苑は、川崎市の公営斎場で、市内在住の方は市民料金で利用できます。また、火葬場併設の斎場であることから移動に伴う時間、費用の負担もないため、人気の斎場となっています。家族葬から規模の大きな葬儀まで幅広く対応していますが、式場は200人用と100人用の2室のため、時期によっては、1週間程度順番を待つこともあります。休憩室9室、霊安室、駐車場(約70台収容)を完備。
交通アクセスは、JR南武線津田山駅から徒歩7分です。

斎場写真
斎場写真式場 斎場写真休憩室

資料請求

ご利用可能なプラン

  • 家族葬
  • 一般葬
  • 大型葬・社葬

かわさき北部斎苑 概要

駐車場 仮眠施設 火葬施設 霊安施設 家族葬可
住所

神奈川県川崎市高津区下作延6-18-1

アクセス

JR南武線津田山駅 下車徒歩7分

規模

A式場 200名

B式場 100名

駐車場 71台

もしも会員の方には式場使用料の10%を当社が負担いたします。


もしも会員についてはこちら

会葬マナー本のPDFはこちら


資料請求

  • 緊急の方はこちらへ
  • お葬式の資料請求
  • 大野屋のもしも会員制度